ユーザーテスト

Webサイトの目的やターゲットの特性を考慮し、
最適な手法とツールを選択してユーザーの行動を観察します。

私たちが解決できること ユーザーの行動観察について、こんなお悩みはありませんか?

  • ユーザー行動観察(ユーザーテスト)を 実施すべきか判断がつかない
  • どういう方法やツールを選ぶのが良いか 、見当がつかない
  • 調査をしても、それを どう改善に結び付けていいか 分からない
  • 被験者の手配なども含めて、 調査全般をお願いしたい
  • Webサイトの事情を理解したうえで 、調査してほしい

サービスの特長 予算や調査の目的に合わせて
対面方式とリモート方式を使い分けて実施します。

1
WEB SITE AND INSIGHT

Webサイトの課題とユーザー心理の両面から観察する

単なる行動観察でなく、Webサイトの課題とユーザーのインサイトを交えて深く考察します。

2
FOR THE RESULT

ビジネスで成果を出すための改善策に繋げる

単にレポーティングするだけではなく、ビジネス的な背景も考慮した改善施策に反映されます。

3
FACE OR REMOTE

コストと目的に合わせた観察方法が選択できる

被験者を集める対面方式以外に、より低コスト・短時間で実施できるリモート方式でも実施可能です。

サービスの流れ 調査項目の設計から実施、改善計画立案まで、
効率の良いプロセスで行動観察を実施します。

初期調査 → 調査・分析 → 実施 → 報告・協議

初期調査

ヒアリング

ヒアリングのイメージ画像

Webサイトの背景にあるビジネス要件やターゲット特性を詳細にヒアリングすることで、行動観察の中で見えることのみならず、様々な外部要因・内部要因から考察する手掛かりとします。

調査方針策定

調査方針策定のイメージ画像

ターゲットやWebサイトの特性などから、何を目的として行動観察を行い、最終的にはWebサイトをどのようにしたいか、というビジョンを含めて、調査の方針を策定します。

アクセス解析

アクセス解析のイメージ画像

調査を開始する前にアクセス析を行い、現在のWebサイトの状況を詳細に確認します。ログから見える特性と行動観察の結果を比較し、行動として現れるユーザーの深層心理を読み解きます。

ヒューリスティック分析

ヒューリスティック分析のイメージ画像

解析ツールなどでは把握できない定性的な項目などについては、専門家の経験則と知見をベースとしたヒューリスティック分析を事前に行い、Webサイトの現状を把握します。

調査・設計

ユーザー条件の明確化

ユーザー条件の明確化のイメージ画像

Webサイトが抱える課題などから、ユーザーの条件を明確にします。安易にターゲットのボリュームゾーンをユーザーにはせず、行動を観察することで課題を解決しうる適切なユーザー像を設定します。

被験者のリクルーティング

被験者のリクルーティングのイメージ画像

ユーザー条件に従って、行動観察の対象となるユーザーを選定します。数万人のモニター登録者からの条件抽出による選定や、クライアント企業様のユーザーやネットワークなどからご協力いただきます。

タスクの設計

タスクの設計のイメージ画像

行動観察を開始する前に、当日行うタスクや事前に行っておくべきことを細かく定義し、目的を達成するための効果的な調査が実施できるよう、事前の準備をします。

実施

行動観察の実施

行動観察の実施のイメージ画像

事前の計画に合わせて行動観察を実施します。被験者をリラックスさせるための雰囲気作りや、バイアスをかけないための事前説明など、調査がより効果的に行えるように配慮して実施します。

モニタリング(見学可能)

モニタリング(見学可能)のイメージ画像

被験者がどのように考えWebがどのように扱われているのかを、モニタ―ルームから見学します。レポートではなくライブでユーザーの声や動作を見聞きすることで、高い温度感で自社の課題を理解することができます。また、その場で関係者による議論が可能なため、スピーディーな施策検討が可能です。

報告・協議

発見点の精査・分析

発見点の精査・分析のイメージ画像

行動観察によって明らかになったユーザー特性や考えられる心理要因をグルーピングするとともに、調査・設計フェーズで得た情報を照らし合わせて、分析結果としてまとめます。

レポーティング

レポーティングのイメージ画像

分析結果については、元々の調査目的やWebサイト全体の課題、ビジネス的な背景などを踏まえて、仮説の検証や新たな仮説の立案、改善策の検討を行い、レポートとして最終的にまとめられます。

改善方法の協議

改善方法の協議のイメージ画像

レポートで報告された改善提案の内容を検討し、プライオリティ、難易度、期待できる効果、かかる費用や時間などから、実施方法や実施のタイミングなどを協議します。

ユーザーテストのご相談はこちらからどうぞ

実務に役立つeBookが
無料でダウンロードできます

コンテンツマーケティングの
具体的なノウハウを無料でご覧いただけます。

×