読了率とは

読了率とは

“読了率とは、ページが最後の方まで読まれているかどうかを示す指標です。

記事がただ表示されただけではなく、閲覧者にどの程度記事が読み込まれ、影響を与えられたかを測る指標の一つとして注目されています。

読者とのエンゲージメントを重視するコンテンツマーケティングでも活用が期待できます。

従来の指標だけではコンテンツのを測れない

メディアのKPIとしてよく使われるのは、UUやPVといった、ページを見た人の”量”を測る指標です。

しかし、これだけでは記事が本当に読まれているのか、ユーザーとのエンゲージメントを築けているのかということがわかりません。

また、PVなどが重要指標となったために、表面的に数を追うことでネガティブな側面も出てきました。いわゆる“釣りタイトルと呼ばれる過剰なタイトルによるPV稼ぎや、過剰にSEOを意識した中身のない記事群などです。

しかし、メディアの価値を決めるのは、読者にどれだけ影響を与えられているかというポイントです。これを計測し、より本質的なPDCAを回せるように、どれだけ実際に読まれたのかという「読了率」が”質”を測る指標として注目されているのです。

 

読了率を測るには?

Google Analyticsで読了率を測る

Google Analyticsでも別途プログラムを用いますと、表示範囲と要した時間から、おおよその読了率を計測できます。

計測には、スクロール量を取得できるjQueryのプラグイン”Scroll Depth”を用います。

Scroll Depth

http://scrolldepth.parsnip.io/

Scroll Depthを用いることで

25%,50%,75%,100%単位のスクロール量

・指定箇所までのロード時間

を取得することができます。

Google Analyticsのトラッキングコードの下に以下のコードを記入することで導入可能です。

<script src=”jquery-1.10.2.min.js”></script>

<script src=”jquery.scrolldepth.js”></script>

<script>

$(function() {

 $.scrollDepth();

});

</script>

導入後は、行動>イベント>サマリーを開き、イベントラベルをクリックすると、読了率のデータを参照することができます。

a6bc7192d124230c7fce11233f6d53fe

ヒートマップツールで読了率を測る

ヒートマップツールを用いることで、

ユーザーがページのどの部分をよく見ているのか

ページのどこがあまり見られていないのか

を確認することができます。

ページのどこに改善すべき点があるか視覚的に参照できるため、他の解析ツールに詳しくない方でも簡単に改善のヒントに気づくことができます。

読了率に特化した指標” READ”

READとは、popInが発表したオンラインメディアのコンテンツの読了状況を図るための指標です。

ツールを導入したメディアの本文領域を自動で解析したうえで、表示領域と滞在時間などから独自に計算を行い、読了率を算出します。

これに加え、ページの離脱率も考慮しますとさらに精度の高い分析ができるようになります。

popIn

https://www.popin.cc/discovery/

記事の満足度を測ることが重要

記事の質を測る際、ついついどれだけ多くの人に読まれたか、ということばかりに目がいきがちになります。

しかし、真にユーザーの満足度を考慮した際、PVや参照時間よりも”どれだけ熟読されたか”ということを考えていかなくてはなりません。

今後のコンテンツ作成においては、PVなどの従来の指標だけでなく、記事を読むユーザー体験までを考慮した構成/ライティングが重要になっていくでしょう。

Webサイトの運用でお困りではありませんか?

私たちが得意とするコンテンツマーケティングやSEOに限らず、Webの運営・改善に関する総合的な知見を持つ私たちなら、きっと御社の悩みを解決できると考えています。

サイト運用・コンテンツマーケティングでお困りの際には ぜひお気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせ(無料)

0120-304-864
受付時間:平日 10:00~18:30

フォームでのお問い合わせ

実務に役立つeBookが
無料でダウンロードできます

コンテンツマーケティングの
具体的なノウハウを無料でご覧いただけます。