OGPとは

OGPとは、Open Graph Protocolの略で、Facebookやmixi、Google+などのSNS上でWebページの内容を伝えるために定められたプロトコルです。OGPを設定しておくと、URLが共有された際に、設定された画像やタイトル・説明文が表示されるようになり、ユーザーに対して、フィード上あるいはウォール上でWebページの内容を伝えることができます。

Facebookを例にとると、「いいね!」や「シェア」された際に以下のように表示されます。

OGP設定なしの場合

ogp%e3%81%aa%e3%81%97

OGP設定ありの場合

ogp%e8%a8%ad%e5%ae%9a%e3%81%82%e3%82%8a1

OGPを設定していないと、タイトルや説明文、画像指定することはできません。(表示されない、もしくはSNS側が勝手に指定します)OGPを使って画像やタイトル、説明文を適切に設定することで、共有されたユーザーへの訴求力が高まり、サイトへのアクセス数を増やし、より多くのユーザーに記事を見てもらうことが可能となります。

OGPの設定

OGPはmetaタグをhtmlのhead内に記述することで設定できます。弊社のサイトを例にとると、以下のようになっています。

ogp-meta1

設定するタグは、必須の4項目とそれ以外の任意の項目にわかれています。

必須のもの

      “og:title”  ページのタイトルです。
      “og:type”  ページの種類です。(例:website,blog,video,article など)
      “og:image”  サムネイルとして表示する画像を設定します。サイト内の画像である必要はありません。
      “og:url”  WebページのURLです。パラメータがついていない正規のURLを記入します。

任意のもの(抜粋)

              “og:description”  Webページの説明文です。
              “og:site_name”  サイト名です。(※URLではありません)
              “og:email”  連絡先を設定します。
              “og:phone_number”  連絡先を設定します。
              “og:locale”  サポートしている言語を設定します。日本語のみの場合は「ja_JP」と設定します。

※複数言語をサポートしている場合はalternateという記述を追加して
“og:locale:alternate”という形で複数記載します。

補足

OGPが正しく設定されているかどうか、以下のツールで確認することができます。もしまだOGPを設定していなければ、是非設定してみてはいかがでしょうか。

https://developers.facebook.com/tools/debug/

Webサイトの運用でお困りではありませんか?

私たちが得意とするコンテンツマーケティングやSEOに限らず、Webの運営・改善に関する総合的な知見を持つ私たちなら、きっと御社の悩みを解決できると考えています。

サイト運用・コンテンツマーケティングでお困りの際には ぜひお気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせ(無料)

0120-304-864
受付時間:平日 10:00~18:30

フォームでのお問い合わせ

実務に役立つeBookが
無料でダウンロードできます

コンテンツマーケティングの
具体的なノウハウを無料でご覧いただけます。