AISASとは

「AISASモデル」とは

AISASモデルはマーケティング理論の一つで、ある商品やサービスを買うまでの間に、消費者がどのような行動(購買行動)をとるのかを、パターン化したモデルの一つです。

いくつかあるモデルの中で、インターネットの存在を組み込んだモデルがAISASモデルです。株式会社電通が提唱したもので、同社の商標登録もなされています。

AISASモデルはAttention(注意)⇒Interest(興味)⇒Search(検索)⇒Action(行動)⇒Share(共有)の5つの英単語の頭文字から名づけられています。

aisas
インターネットマーケティングにおいて、とても大事なポイントとなる「検索」や「共有」がモデルに組み込まれています。

ユーザ行動把握の必要性

商品やサービスのマーケティングを行う上で、ユーザがどのような心理状態の元で行動し、購入や利用を決意してくれるかを予測することは非常に重要です。

ユーザの行動パターンを出来る限り把握し、分析を行った後に仮説を立て、その仮説に合わせたマーケティングを行い、仮説の検証を日々重ねていくことが、より大きなマーケティング効果を得るための近道であると言えます。

「AISASモデル」は、インターネットが発達している現代におけるユーザの行動をパターン化したモデルです。

インターネットの発達に伴う「検索」と「共有」の変化

「検索」はまさにインターネットが発達した世界の象徴と言えるでしょう。
インターネットがここまで普及していなかった時代では、情報を集めるには店に直接出向かなくてはならないなど、多くの情報を集めることが困難でした。
今はインターネット上で検索をするだけで、その商品やサービスについて多くの情報を集めることが出来ます。

「共有」もまたインターネットの普及により、その様相が著しく変化しました。
以前は共有というと井戸端会議のように、近所の人と情報交換をする程度だったものが、SNS・レビューサイト・掲示板等の登場により、多くの不特定多数の人と互いに情報を共有し合うことが出来るようになりました。

インターネット特有の情報サイクル

インターネットマーケティングでは、あるユーザが書き込んだ口コミやレビューが新たなユーザのAttention(注意)を生み出したり、Search(検索)を行ったユーザの情報源になったりと、ユーザどうしでの情報サイクルが生み出されているのが大きな特徴と言えます。

しかしながら、このサイクルは良いイメージのときだけ起こるのではなく、悪いイメージのときにも起こってしまうことに注意が必要と言えます。

このユーザ同士が作り出すサイクルを上手く活用することが、インターネットマーケティングのポイントと言えるでしょう。

Webサイトの運用でお困りではありませんか?

私たちが得意とするコンテンツマーケティングやSEOに限らず、Webの運営・改善に関する総合的な知見を持つ私たちなら、きっと御社の悩みを解決できると考えています。

サイト内検索

コンテンツ制作・マーケティングでお困りの際には ぜひお気軽にご相談ください

実務に役立つeBookが
無料でダウンロードできます

コンテンツマーケティングの
具体的なノウハウを無料でご覧いただけます。

×