オウンドメディアに「エバーグリーンコンテンツ」が必要な理由〜使い捨て記事の大量生産はもうやめよう。

コンテンツには、賞味期限の短いものと長いものがあります。いわゆる速報性が重視されるニュースは賞味期限がとても短いコンテンツの代表です。瞬発力が強く認知獲得に効果的な広告やキャンペーンも持続性に欠けるため賞味期限の短いコンテンツになります。一方、賞味期限の長いコンテンツは、エバーグリーン(常緑)コンテンツとも呼ばれます。鮮度やバズに頼らなくても、ユーザーが気になったときにいつでも読むことができる良質なコンテンツのことです。

“純度の高いコンテンツ”が結果を生む!DODA「”未来を変える”プロジェクト」の徹底的な環境づくり

「愛」に満ちたコンテンツマーケティング施策を展開する企業を追う連載企画「愛のないコンテンツマーケティングに未来はない」。第7回となる今回は、転職サービスDODAが展開するオウンドメディア「“未来を変える”プロジェクト」を運営する株式会社インテリジェンスの三石原士さんに話をうかがった。2015リニューアル後の“コンテンツ制作のある手法”を導入することによって1記事に数千のいいね!や数万のPVを獲得できるまで急成長。「狙い通り」と語る三石さんに、その手法の秘密を聞いた。

アサヒビールがオウンドメディアで挑んだ、内外とのコミュニケーションの活性化

愛のないコンテンツマーケティングに未来はない――そんな強い思いでコンテンツマーケティングに取り組むナイルでは、「愛」に満ちたコンテンツマーケティング施策を展開している企業をシリーズで追っていく。

Vol.06は、アサヒビール株式会社が運営するお酒をテーマにしたオウンドメディア「カンパネラ(Campanella)」。「小さな鐘」を意味する「カンパネラ」は、アサヒビールにとってどんな狙いでスタートしたのか?あえて社名を強く出さないその意図とは?「カンパネラ」の運営責任者を務める経営企画本部デジタル戦略部育事業の馬場崇暢さんにお話を伺った。

インタビュー記事で理解を深めて送客を実現、学生ライターの教育にもこだわる「STUDY HACKER」事例

愛のないコンテンツマーケティングに未来はない――そんな強い思いでコンテンツマーケティングに取り組むナイルでは、「愛」に満ちたコンテンツマーケティング施策を展開している企業をシリーズで追っていく。

Vol.05は、東京・京都を拠点に教育事業を展開する株式会社恵学社。中でも注目されているのが、2015年にスタートした英語のパーソナルトレーニングジム「ENGLISH COMPANY」だ。SLA(第二言語習得研究)と呼ばれる「言語習得の科学」をベースにしたメソッドで、わずか3カ月でTOEIC400点アップを実現。急成長を遂げている。

そんな恵学社が運営するオウンドメディアが「STUDY HACKER」。「学び」に関するノウハウや体験記など、さまざまなコンテンツを提供する。記事作成の主な担い手は東大と京大の学生。学生とはいえ、その構成力とコンテンツの質の高さは、プロのライター顔負けのレベルである。そこには、教育事業会社ならではの独自のコンテンツ作成技術やライター育成論があった。代表取締役の岡健作さんと運営チームの山口健人さんに、「STUDY HACKER」の狙いと展望を語ってもらった。

「決定者が多いと、つまらないものしかできない」BAKE阿座上さん・塩谷さんに聞くオウンドメディア成功の秘訣

愛のないコンテンツマーケティングに未来はない――そんな強い思いでコンテンツマーケティングに取り組むナイルでは、「愛」に満ちたコンテンツマーケティング施策を展開している企業をシリーズで追っていく。

Vol.04は、設立わずか3年で急成長し、東京・自由が丘の旗艦店が「行列のできる」チーズタルト専門店として大人気の株式会社BAKE。 1ブランド1商品にこだわり、現在「BAKE CHEESE TART」以外に「PICTCAKE」「CROQUANT CHOU ZAKUZAKU」と「 RINGO」の4ブランドのスイーツを販売する。そんな人気ブランドのお菓子屋さんが、昨年5月にオウンドメディア「THE BAKE MAGAZINE」を立ち上げた。 その狙いは? そこにはどんな愛情が注入されているのか?

プロデューサーの阿座上陽平さんと編集長の塩谷舞さんに、「THE BAKE MAGAZINE」誕生の経緯と、これからの展望について話を伺った。

マーケティングは理屈より、人と人とのコミュニケーション~飲食店オーナーを支援する「Foodist Media」

愛のないコンテンツマーケティングに未来はない――そんな強い思いでコンテンツマーケティングに取り組むナイルでは、「愛」に満ちたコンテンツマーケティング施策を展開している企業をシリーズで追っていく。

シリーズVol.03は、飲食店開業の準備を物件探しから開業、店舗運営まで幅広く支える「飲食店.COM」を展開する株式会社シンクロ・フード。

シンクロ・フードは、飲食店向けの店舗物件サイトや、求人サイト、また仕入れ業者のマッチングサービス等を運営しており、なかでも店舗物件情報サイトは、物件掲載数も約3,900件を超え、事業を拡大している。

そんなシンクロ・フードが昨年5月、食をテーマとしたオウンドメディア「Foodist Media」を立ち上げた。その狙いは? そこにはどんな愛情が注入されているのか? 事業部の関さんと冨山さんに、「Foodist Media」誕生の経緯と、これからの展望について話を伺った。

LINEをコンテンツ作りに活用、700超のQ&Aで毎月30人の新規獲得に貢献する「町田美容院の知恵袋」

愛のないコンテンツマーケティングに未来はない――そんな想いでコンテンツマーケティングに取り組むナイルは、「愛」に満ちたコンテンツマーケティングを展開している企業を追っていく。

シリーズ第2回となる今回は、髪に関する悩みなら何でも解決できるといっても過言ではない、「町田美容院の知恵袋」の宇野和弘氏に話を伺った。

宇野氏は町田にて、美容室「monohair」を経営。その集客手段として、タウン誌に頼るのではなく、オウンドメディア「町田美容院の知恵袋」を運営することを選んだ。掲載コンテンツ700を超えるこのサイトは、どのような戦略で運営され、結果を出してきたのだろうか?

スペースを通じて「新しい体験を売る」〜”活用事例集”としてのオウンドメディア「BEYOND」

愛のないコンテンツマーケティングに未来はない――そんな強い思いでコンテンツマーケティングに取り組むナイルでは、「愛」に満ちたコンテンツマーケティング施策を展開している企業をシリーズで追っていく。

シリーズvol.01は、球場から無人島、お寺までユニークなスペースをネットで簡単に貸し借りができる「スペースマーケット」を運営する株式会社スペースマーケットを訪問。

スペースマーケットでは現在、時間貸用のレンタルスペースを取り扱い、「お寺で経営会議」「古民家で結婚式」「映画館でパーティー」などユニークな利用事例が多数生まれ、サービス開始以来、その取り扱い数は6000件を超える。

そんなスペースマーケットが昨年5月、魅力的なスペースやユニークな利用事例、ノウハウ等を紹介するオウンドメディア「BEYOND」を立ち上げた。その狙いは? そこにはどんな愛情が注入されているのか? コミュニティマネージャーの貝塚健さんに、「BEYOND」誕生の経緯と、これからの展望について話を伺った。

1 / 612345...最後 »